INDEX    RSS    ADMIN

HIDE アメーバペイズリー自作記(製作記)

今回自作した幻のHIDEモデル(?)、アメーバペイズリーの自作記ですw(えーと最初に。この記事長いですww)

インディーズ後期からメジャー初期に使われていたいわゆるこのギターですね。

アメーバ本物

HIDEさんが使用していたモッキンバードのうち唯一フェルナンデス製ではないギターで当然ながらフェルナンデスからhideモデルとしてのラインナップもないモノですね。

諸説ありますがデビュー前に購入したB.C.リッチ製のギターで資料を見ると現物はかなり改造されていたようですね。ボディ裏側に大きくザグリ埋めの跡がある事からもおそらく元々はフロイドローズのロック式ギターだったものと思われます。

今回主に参考にした資料はピンキープロマイズ。そしてネットで画像検索+ライブDVDで映像確認ですね。

0ピンキープロマイズ

アメーバは大きな画像や詳しく解説された資料がなく柄を把握するのに結構苦労しましたw

今回はボルトオンネックでB.C.リッチ製のネックとフェルナンデスのMG-80X(100X)の本体を使って製作しましたw

えー、とにもかくにもギターに手を加えるのは初めてなので「できるのか??」的疑念プンプンだったのでまず最初にネックだけを購入しましたw

1ネック

こんな感じでコミコミ8000円くらいでしょうか。

まず最初にヘッドのエンブレムが悩み所。でいろいろ見て回ってたらネットでツタンカーメンが模られたエジプトの硬貨がwで、すげーマニアだなとか思いながら購入してしまいましたww500円くらいですw

あとは家に転がっていたなんらかのプラスチック部品とソフト下敷きのような物体を切り抜いたモノを使いましたw

3コイン加工前

ちょっと厚いので裏側を削って薄くしました。その後オールド感を出すためにあえて塗装ではなくアルミテープで銀色にしました。

4エンブレム加工

で一番頭を悩ませたヘッドの化粧板。すんなり条件に合うネックが手に入れば良いのですがそもそもほとんど出回ってないのでやろうと思った時にすんなり手に入っただけでもラッキーだったと思います。

で何か良い物がないか探し回った結果ホムセンで天然木シールなる超すばらしいモノを発見しましたw未塗装の天然木が極薄のシールになってるので上からクリア噴けます。

その他ペイント用の三菱ペイントマーカー。結局この後に黒と茶を買い足しました。1本185円ですねw

2ヘッド作業前材料

まずトラスロッドのカバーを外して穴をパテ埋めですね。そしてフェルとリッチではネック接合部の穴位置も違うのでパテで埋めてしまいます。

5加工前ヘッド(パテ埋め後)

その後天然木シールをほんの少し大きめにカットしてヘッドに貼り付けます。

6化粧版貼り付け後穴開け前

その後輪郭をクラフトナイフで切り取ってペグホールの穴あけをします。

7ペグホール穴あけ

そしたらまず下塗りのクリアを噴きます。

8ヘッド下塗り作業中

でこんな感じにできましたw

9ヘッド下塗り

そしたらヘッドのペイントに入っていきます。

途中経過は写真撮ってませんのでこんな感じでペイント終了です。

12ヘッドペイント2

でこのペイントの上にラッカーでクリアを噴いていくワケですがここがポイントです。ラッカーはマーカーを侵食するのですごく薄く噴いて侵食する前にクリアが乾く程度にしか噴かないようにして何度も重ね塗りします。マーカーに直接触れている部分の塗膜ができてしまえば少しラフでもダイジョウブですw

でこんな感じで完成ですね。エンブレムは最初作った時に黒い部分が多すぎたのでコインの周りに銀色の部分を足しました。

13ヘッドエンブレム修正

でネック接合部はフェルの穴位置に合わせて新たに穴あけ。メープルめっちゃ硬いですねwwビックリしましたww

11ネック接合部完成


金属パーツは後ほど。と言うかこの時点でまだ本体がない・・・www

スポンサーリンク

そして次はボディ側です。はい、中古で購入したMG-80Xですwこれはこれでカッコイイので結構気の迷いもでましたけどねww

14ギター本体購入時

で、とりあえずツマミのシールが剥がれていたのでいつも通りアルミテープを丸く切って貼りますw

15ギター本体金属磨き、ツマミシール貼り

そしてバラしますww

16本体バラし後

で買う前に確認できていた打痕部分の補修です。どうせペイントしちゃうのでボディ痛みあっても安いのをって感じで選びましたwこの本体は1.8万円くらいですねww

パテ盛りして平らにして黒のペイントマーカーで塗る感じです。後で絵が入ってから上塗りするので簡易補修で問題なしです。

17本体パテ埋め

でその作業が終わったらいよいよペイントです。

ペイント手順は隅から行くか主要の柄の輪郭を先に書いておくか迷いましたが先に主要になる柄の位置決めだけしてから書き始めました。

本物写真を見ながらマスキングテープで柄の位置をポイント打ちして目安を作ってから書き始めました。そしてもう一点困ったのがキレイな写真が残っておらず色の特定が困難な点でした。

各柄の色の特定は特定できる部分を選定した後にその色を基に画像処理ソフトで色温度を変えながら識別困難な部分がどの色なのか一つずつ特定していきました。

こんな感じで書き始め。

18アメーバペイント開始

躊躇したら負けw多少のズレは気にせず突き進むww

19アメーバペイント2

ジャンジャン逝くww

20アメーバペイント3

ナンシーのオイニーでヤラれ始めるww

21アメーバペイント4

日を改め、合計3日間でw

22アメーバペイント5

最後にピックアップ部分と各部重ね塗り、修正。

23アメーバペイント完成

で、さらに全体を見て細部修正した後に数日間乾かしてマスキングしてラッカーのクリアを噴きます。塗装方法はヘッドと同じで薄く何度も重ね塗り。

24アメーバボディクリア塗装

本体の上塗り作業と同時にステッカー部分の製作ですw

で、これまたまともな画像がなく・・・そもそも本物のシールも破れていて上側のシールの柄が特定不可能ww

しょーがないので上側は特定できる「MAMI」と言う文字とその周辺のデザイン以外はテキトーに自分でデザインしました。

ペイントソフトで寸法を合わせて書いてラベルシールにプリントアウトしましたww

25bステッカーデザイン画像

25ステッカー作り

で本物は紙のシールっぽいですが自分で使うのは破れるのもなんだなーと思って切る前に上から透明の梱包テープを貼って表面を保護しました。

もうほとんど普通のステッカーですねww

26アメーバステッカー完成

で全部揃ったのでいよいよ組み上げていきます。

途中画像がありませんがネック接合した時に接合部のネジが1本、見事にフレットの裏側に当たってフレットが浮いてしまいましたwそのネジの先端だけ切断して対応しました。

そしてネックを締めた時に微妙な穴位置のズレからネジれが発生して同じくフレット浮きが起きたので浮いた部分を微調整しながらハンマーで叩いて仕上げました。

最後に本物に付いているヘッドのテンションバーを取り付けました。GOTOH製のモノを購入しました。テンションバーの調整は思っていたよりかなりシビアでネジ半巻きで自分の好みかそうじゃないかを行き来する感じでしたw

29アメーバ完成ヘッド(最終)

MG-80Xおよびサイケはかなりテンションがやわいので切った貼ったしたわりには逆にフェルオリジナル状態のMGよりも弾きやすくなりましたww

そんなこんなでこんな感じで完成しましたww

アメーバ完成(最終)

ボディのアップ画像です。

28アメーバ完成ボディ(最終)

最終的に費用は3万円程度でネットポイントバックされると2.7万円くらいでできましたw結構なお手頃価格ですよねw

だいぶ前からやってみたいと思っていましたが費用も数万円かかりますし、そもそも「できるのか??」って言うのが先行しますし、やっちまった時のげんなり感はすごそうだしwwとかいろいろ思いましたけど思い切ってやってみて良かったですww

全体を通して、構想から製作まで十分満足して楽しめましたww

----------------------------------------【追記】------------------------------------------

後日動画にコメントいただいてボディ上側のシールの正体が山瀬まみさんのシールだとわかったため作り直して貼り替えました。

これですねwwこれの色違いが付いていたものと思われます。

山瀬まみシール

制作方法は最初と同じでw

シール3

こんな感じになりましたww

シール5(ボディ2)

シール4(ボディ)

山瀬まみシール制作時に書いた記事もありますのでよかったらどうぞ。

該当記事 → 山瀬まみシール作ってみた。。。(アメーバペイズリー)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ひぇ~!
こりゃ大変…

車の単色塗装の方が全然楽ですよ(゜ロ゜)

塗料のシンナーで逝ってしまいそうww

お手頃価格と言えばそうですが…気の遠くなる作業(^-^;

エジプト硬貨イカしてます(^^)b

No title

作業自体が目的みたいな所もあったので結構楽しめましたww

ナンシーの匂いが苦手なので結構ヤラれましたww色もまばらでチカチカする柄を凝視しながら書き込んでいくので目もヤラれますねww

またやるかって言ったらもうしばらくイイですwwって感じですww

でもこれできちゃうと結構いろいろ他にも遊べそうですよねwスマホのハードケースとかも落書きできちゃうなwとかw

moaさんの才能は多岐にわたり、素晴らしいですね。新潟から拝んでおります。

わたし、小学生からヒデさんのアメーバペイズリーが好きでした。アメーバ持っていらしたヒデさんが一番好きだったかもしれません。

感慨深いです。

No title

>ピナさん

どの時期のHIDEさんも好き過ぎますが(ww)自分もやっぱり初期のHIDEさんが好きですねwどのギターもカッコよ過ぎますがアメーバとサイケは別格ですww

イエローハートもとくに好きな1本ですがw

初期で言うと「血と薔薇にまみれて」が音も映像もすごい好きですwちょうどこの記事の最初の写真と同じですがライブ後半の衣装なんかはアメーバのルックスと合わせてすごいカッコイイですよねw

はい。わたしも激しく同意です!

こちらの記事にヒデさんの写真あって…もう悶絶モノでした。血と薔薇に…わたしも大好きで、確かビデオだったか、擦り切れて壊れるまで見ました。

ヒデさんは永遠です。moaさんが再現なさって読者に演奏を届けてくださったり、ギターの製作やコレクション、思いを表現されるのが、本当に嬉しいことです。

まだ初心者ですが、練習頑張ります。

No title

>ピナさん

自分は爆発寸前GIGやダリアツアーなどVHSで持っていましたww

結局やっぱり何度でも見たくなるので全部DVDで買い直しちゃいましたww

お互いに楽しいギターライフを送れると良いですよね。コメントやメッセージなどでギターの近況や情報交換なんかをして下さる方もいらっしゃいまして。それも楽しみの一つですwまた何かアップしたらよろしくお願いしますw

凄いですね!!
器用で何でもできて羨ましいです^_^
これ仮にヤフオクに出したらいくらで落札されるか気になります。w

No title

>kojiさん

コメントありがとうございますw

ヤフオクの件、自分も作ってて地味にそう思ってしまいましたwww

でも「これをもう1回やるのかーww」って思ってしまうと「しばらくはもういいなーw」って感じになってしまいましたww

はじめまして

突然のコメント失礼します

30年ぶりにギターを触り始め2年ほど経過した40代後半のものです(w

動画 ブログ 楽しく拝見させていただいてます

これからも楽しみにしてますので よろしくお願いします

No title

>こー君さん

コメントありがとうございます。

動画、ブログ見ていただいてありがとうございます。

ギター再開されたんですね??自分は少し前に子供以来十数年ぶりに鍵盤楽器を触り始めましたww

全然うまく弾けないですがちょこっと触るくらいがちょうど良く感じてたまに触っていますw

この歳になって改めて楽器って良いなーなんて感じていますw

またブログ更新や動画アップしたらよろしくお願いします!w

また消されてますね…

No title

ホントですね。ちょっと別の方法を考えた方が良いかもですね。

RETURNSが……

涙しか出てこない(;_;)

何がいけないのでしょうか…

No title

> 広島風お好焼さん

正直ナゾです。他の方々との違いとしては後ろに画像があるかどうかで再アップしたもののみ背景画像にDVD中の静止画やロゴなどが入っていますよね。

振動がは自分のギターを写真撮って作った画像で文字も「moas14」としか入れていないのでどこが線引きかわかりません。

他の弾いてみた動画の方々が確認できる限り全員健在なので構図としては全く同条件になるはずの部屋でギターを弾いている人だけが写っている状態を作ってみようかなと思います。

テレビ画面に反射防止の黒い布などをかけるかダンプラを前に置くかそんな感じで考えています。

他の方の動画と同じになるはずなのでそれでダメだったらちょっと困っちゃいますww

どうも!いつも動画観てます!

私もMG80Xにペイントしてカスタムしようと思ってます。

moasさんがしたように指板をダイヤインレイにしたく、BCリッチのモッキンのネックを換装しようと目論んでいるのですが、
moasさんもBCリッチのモッキンのネックを使用したのですか?(BCリッチのネックとしか記載されてなかったので)

また、ネック取り付けの際に厚みや幅、長さには問題なかったでしょうか?
微調整で削ったりしなくても良いならいいのですが...
(取り付けの際には問題なかったが、弾いてみると違和感があるとかの情報もあれば嬉しいです)

No title

>ラッキーさん

コメントありがとうございますw

ネックはB.C.リッチのモッキンのモノです。

自分もネットで事前に調べたんですがフェルナンデスとB.C.リッチのモッキンは寸法上ボルトオンでそのままイケます。

ただし接合部分の形とネジ位置、ボディに隠れる部分が違うため少し加工が必要になります。

ネックの接合部分自体の形の違いは取り付けに影響なくとくに加工する必要はありません。

ネジ位置は4本とも異なるのでフェルのボディに仮当てして位置決めして穴空けしなおす必要があります。

この時に完璧に位置が出ていないと後々弊害が出ます。自分の場合はほんのわずかに穴位置が合っていなかったせいかネック接合部分を締めこんだ時に若干の歪みが出たのでフレットをハンマーで叩きながら微調整しました。

それから本当にたまたまだと思いますがネジの1本がフレット裏に直撃してフレットが浮いてきてしまいました。それはネジカットして対応しました。

最後にネック接合部分の横部分がクリア塗装がされていない部分が露出してしまうの所がありますのでその部分にクリア塗装をする必要があります。こだわらなければそのままでも良いかと思います。

今の所ネック接合部付近に若干不具合と言うか完璧ではない感触がありますが全体としてはギターとしての機能には問題ありません。

接合部分は元より調整が必要と言うレベルで演奏に支障があると言う程までの不具合は出ません。

そんな感じで、よかったらやってみて下さい!w

moasさん

お返事ありがとうございます!

いやぁ、本当に親切な方ですよね。

YouTubeのコメント欄でもよく弾き方を質問されているのをお見かけしてますが、
一人ひとり丁寧に答えてらっしゃいますよね。

そこの弾き方は12F1弦→15F1弦→···12F1弦(ここはプリングオフで)···

みたいに運指を何行にも渡って説明してる所とか見ると、文字打つのめんどくさかっただろうな···
とか心の中で思っちゃいますw(かくいう私も質問して答えてもらった事あるのですがw)

カスタムに関しても沢山注意点を教えて頂いて恐縮ですm(_ _)m
moasさんのブログ記事とお返事を見れば、ほかに何も調べる必要なさそうですねw
スマホのスクショで保存しておいて、いざ改造する時に参考にします!

リアのピックアップをEMG、フロントはディマジオに換装する予定で、
その際座グリでバッテリーボックスも取り付けられれば良いなぁと思ってます!

上手いことできたら自慢しに来ますね!w

No title

>ラッキーさん

なんやかんやでほぼ全部お返事させていただいてますねww

ザグリまでやる予定ですか!wアクティブタイプにするとザグリ加工しないとムリですもんね。

出来上がったらぜひ見てみたいです!こーゆーコメント頂くと出来上がりも見てみたいですから!w

moas14さん、こんにちは。このブログでは初めてのコメントになります。

Youtubeでの動画、毎回楽しく拝見させていただいておりますが、それだけに動画の削除が大変残念です。個人的な予想ですが、どうやら削除の対象はXがソニー在籍時代に発表した音源(Blue Blood,Jealousyなど)のようで、他の方の動画も徐々に消されていっているようです。これ以上厳しくならないことを祈るばかりですね…。

ところで、突然の質問になってしまうのですが、B.C.Richモッキンバードのネックはどちらで購入したのでしょうか?

No title

>ペーさん

自分も他の方の動画確認したんですがそれで間違いなさそうですよね。

ソニーのCD音源がアウトっぽいですよね。ライブバージョンは通っているのでホント今後キビしくならないのを祈るのみです。

B.C.リッチのネックはヤフオクのギターパーツ、ネックのカテゴリで単品出品されていた物を買いました。

やろうと思った時にたまたま出てたのが運が良かったみたいでいつもいつも出品されてるような物ではなさそうです。

ヘッドが木目のだったらわざわざ加工しなくてよかったんですが黒しか出ていなかったのでなかなか出物がない事考えるとコレしかないなと思って黒ヘッドの物を買いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>矢向隆寿さん

コメントありがとうございます。

ギターに関してはこの記事でほぼ全部書いてしまっていますのでこれ以上情報がありません。

GUITAR:FERNANDES MG-100X(HIDE model)

NECK:B.C.RICH Mockingbird

ネックの方はどのギターに付いていたかは定かではありません。ネック単体で中古購入しました。

開け直す穴位置はボディ側と合わせてマーキングする事でほぼ正確に出ると思います。