FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

ZOOM MS-50G買ってみた。。。

ZOOM MS-50G買ってみましたwww

と言うか買ったのは1週間くらい前なんですが触ったのは昨日ですww

ms-50g.jpg

でなんで買ったかと言うと一つは某ネットショッピングのポイント消費目的ww(自分の買い物で貯まったポイントじゃないのでもらったようなもんですww)新品で7750円くらいですね。自己出費は4,000円くらいな感じです。(セコいwwでも俺がポイントくれと頼んだワケじゃないww)

いつもはKORG PANDORA PX4Dを使っていますので演奏中の音の切り替えができないんですね。それでフットスイッチで音が切り替えたくて買いました。でなんでMS-50Gかと言うとズバリ大きさですww

小さいからですww

以前大型の機材も使っていましたが結局手の平サイズが使い易すぎると言う結論にww

せっかくまたなにか買うのでLINE6のPODなんかにでもしようかなとも思いましたが(以前POD HD500を使用してた事がありました。)結局普段練習する環境から考えるとデカい、メンドクさいwwと言う心の壁は越えられませんでしたww

とりあえずXの歪みを一つだけ作ってみてすんごいテキトーに弾き流してみたのでここに貼っておきます。



最初触った時はなかなかスパッと音ができなくて結構困っちゃいましたww歪み一つ作るのにこんな時間かかったのは久しぶりですw

パッと鳴らしで結構良い音するプリセットの音は入ってるんですが実用レベルまで仕上げるのにかなり苦労しました。

スポンサーリンク

ZOOM製品をものすごく久しぶりに使ったので操作概念も少し戸惑いがあり対処方法を探すのに時間が掛かりました。

使い慣れているPANDORAでしたら数分あれば簡単にほしい音できちゃうんですけどねww

でも昨日、今日で数時間触ったら大体自分が使いそうな部分は把握できたのでもうある程度自由に好みの音は作れそうです。

で使ってみたレビュー的なモノですがこの商品すごくユーザー評価が高くとても人気がある商品です。

全体的な印象からすると使い込み度合いにも寄りますがものすんごく良くてもう誰もがグッド評価します!って感じかと言うとそうとも言えない気がします。

音質のクオリティ自体はやはりこの小ささの中にこれだけの機能を詰めたと言う前提で考えた方が良いと思います。コンパクトエフェクターのバッチバッチキマりモノからするとそれはもちろん質は下がります。

価格と性能のバランスが優れていると言う事を忘れちゃイケないですね。

歪みは残念ながらそれなりと言う表現が妥当かと。当然の事ながらコンパクトエフェクターには劣ります。

今回歪みを作るのに困った点はそこですね。ちょっとした小細工をしたのでまあとりあえずオッケーって感じの音ができたんですがギター初心者の方が初めてエフェクターを触ってすぐできるかと言うとそれはキビしいと思います。

操作はこの大きさとボタン配置なので結構クセがあります。覚えるために少し集中して触る必要があるかもしれないです。数時間その気で触っていればすぐに慣れてきます。

一番気になった点は結構ノイズが多いと言う事です。PANDORAと比べると圧倒的にノイズが多いです。

ある意味コンパクト複数繋げてアンプから音出した時の感じって言えばそんな感じでしょうか??w

普段使っているKORG PANDORA PX4Dとの比較ですがこれがまた露出の綾とでも言いましょうか、実際MS-50Gがものすごく高評価されて人気があり、すごく良いような感じがしてしまいますが個人的には音を鳴らす能力自体はPANDORAの方が良いと感じます。

PANDORAの方がキメが細かくノイズも少なくオーディオ機器から音が出てるようなそんな感じです。LINE6 PODシリーズの廉価版と言った感じでしょうか。大きさと価格が価格ですからPODと比べたらそれは音の存在感はどうしても薄くなります。

ただしこれはMS-50G使い始めの印象ですのできっちり使い込んで能力を引き出しきれればまた感じ方が変わってくると思います。

他取り回し的な違いですがPANDORAはハンディサイズのモノですからフットスイッチがありません。に対してMS-50Gはフットスイッチがあり1WAYですがフットスイッチで音の切り替えができます。これが一番の利点かと思います。

1WAYではありますがどの音をフットスイッチの切り替え操作に割り当てるかと言う操作は非常に簡単ですのでとくに不便はないかと思います。ただ大きなフットスイッチと同じような使い方をしたいと言う場合はそれはできませんので。そのヘンは商品コンセプトの話になってくると思います。

そしてMS-50Gは電源がUSBから取れるのも大きい違いですね。USBでしたら供給できる環境が多いと思いますのでどこでも使いやすいかと思います。

歪みは一長一短と言う感じですね。自分が使い音がどっちに入ってるかと言う話になってしまうのでこれは一概にどうとは言えません。

そしてとくにここはと言う違いはまずMS50-Gはエフェクターを繋げる順番を簡単に変えられます。に対してPANDORAは繋げる順番は決まっていてそれぞれのセクターでその中から機能を選んで使うと言う格好になるので同じ場所に入っているエフェクターは同時使用ができません。例えばコーラスとフェイザーを同時に使う事ができないとかそーゆー事が起こります。

MS-50Gはそこらへんが自由ですので極端な話全く同じエフェクターを3個とか5個とか連続で繋げる事もできます。

そしてモジュール関係、空間系、残音系等は音質自体は正直PANDORAの方が良いと感じます。ただしPANDORAの方がイジれるパラメータも少なくある程度元々決まった中からしか選べません。

例えばコーラスの深さやディレイタイム等機能が絞られている分最初から決まったいくつかの種類の中から選ぶ感じになります。

それに対してMS-50Gは大型のマルチエフェクターと同等の調整機能を持ち合わせています。

ただPANDORAでハマった音が見つかればそっちの方が音は良いと感じます。

PANDORAの中でまかなえなかった場合、そーゆー音もMS-50Gでは作れるのが利点です。

そんな感じでちょっと使ってみた印象でしたww

ちなみに動画に映っている最近流行(?)の小型ワイヤレス、Xviveのヤツですがこれはみなさんのレビュー通りめちゃくちゃ良い品なのですごくオススメですwホントにラクですし音も普通に良いですw1万円ちょっとでこんな小型で使いやすいワイヤレスなんてすごくオトクですww

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

貴重な情報

ありがとうございます!

私もこちらのエフェクター、すごく気になってました。ポチッとボタン押して買いそうになるくらいに

あなた様のご感想伺って納得しました。

もう少し時間かけて選んでみます。

No title

>ピナさん

レバーブやディレイなどコンパクトで揃えるとなるといろいろ大変なので音質はある程度妥協したとしてもこれ1台で済ませられると言うメリットは大きいですよね。

一応歪みも入っていますので使用頻度少ない毛色の音も作る事できますしね。

中にブースターも入っているのでディストーションをメイン歪みにしてMS-50G内のリバーブ、ブースターと組み合わせてもおもしろいかもしれないですね。

必要に応じてコーラスやディレイも使えますし。

納得しきらなくても7,000円くらいで1台買えば一応一通り使えると言うのはアリですよね。

moaさんのお陰ですっかりJAMに再燃してしまった広島風お好焼ですm(__)m

これはスゴイ!
どのレビューよりわかりやすいです!

ストンプ1つ欲しいなぁ、と思って色々探していると、"これでもかっ!"とばかりにこれが出てくるのでw気になっていました。しかも安い¥

メリットもデメリットも考慮してみます。

PODも欲しいと思ってますが、やはりデカイですよねww


参考になりました、ありがとうございます!

No title

>広島風お好焼さん

JAMはYUKIの攻撃的で捨て身な顔付きがカッコよくてちょうど自分たちの年齢になると失われてくる部分の感覚が刺激されるのでたまんないですよねw

表現の奥にどこか遠くを見据えるような顔付きは凄い魅力的ですねw

この歳になるとギターに使える時間も体力も限られているので小型機材の方が都合が良いと言う部分が多いですよね。

今の生活だとセッティングに手間も掛けられないし、どっちかと言うと高級機材の本物感よりも小型機材のリラックス感を求めてますねww

セッティングに手間掛けれないどころか箱開けるのに1週間掛かってますからねww

先程PANDORAで撮った動画もアップしましたのでよかったら見て頂けると幸いですw

教則

買いました。

面白そうです。練習に励みます。

No title

>ピナさん

買いましたか。視覚的に自分に合うモノが一番良いですよね。

つまみつまみやってもやった事がないフレーズをやると絶対上達するので実感する時が楽しみですよね。

ギターに関する本は座って眺めているだけでも楽しいし。

コメントありがとうございます!
いつも大変お世話になっています。

教則、一通り読み、DVDも見ました。

まだレッスン13あたりまでで、1割くらいしか実践してませんが、難しいです。でもテクニックの詳細がよくわかります。基礎基本を学ぶ意味、意義、深く理解できます。

あなた様からご助言いただけて、感謝しています。これからも動画拝見して、勉強させていただきます。



たびたびすみません

試奏動画、拝聴させていただいてます。

こちらですと、あなたさまの弾いていらっしゃる音をダイレクトに聴けます。伴奏やボーカルがないですから

スライドやスイープ、ピッキングハーモニクスなど、手技がお上手なのか、抑揚や情感が伝わってくるのです、

ただ、なぞって弾くのではない、あなたしかできない表現で。

私自身は、とにかく必死でなぞるだけといいますか…棒みたいになります。

攻撃的で鋭いアタック感、抑揚など豊かな表現とは遠く…

エレキ始めて1年ちょっとになりますが、クラシックにはない、音や表現に魅せられて。ますますハードロック、メタルの世界観にはまります。

ある意味、小学生の時にエレキ反対されてよかったのかもしれない…早く始めていたら、勉強しなかったように思います。

改めまして、moasさんはとてもお上手で。本当はプロなのでは…と思ってしまいます。

また動画、楽しみです。励みになります。

No title

>ピナさん

音の出方は自分が一番こだわっている所なので高速テクニックやカッティング技、コード弾きなどと比べてもとくに好きな分野ですww

イメージ的には頭の中にこう鳴ってほしいと言う音の像が先にあります。それで実際に音として出てくるのがそれ通りになるように操作をしてる感じです。それで技術的に理解はしてるけど自分のイメージしているように奏でられないと言う場合はそこを練習して自分が出したい音が出るようにしています。

最初はそんな事考えた事なかったですが練習していってそれなりに技術が付いてきたある所から技術向上と表現が逆転してそう考えるようになりました。

とくに考える点は音が鳴り始めてから鳴り終わるまでのカーブを滑らかにすると言う事です。

具体的なやり方もまたブログにして書けそうだったら書いてみます。(書くと若干長くなるのでw)

ちなみに自分は高2からギター始めたら見事に他がすっぽ抜けましたwwまあ野球部でしたので最後の夏の大会終わるまではあくまで野球漬けの生活の中にほんの少し入り込んでくるくらいでしたがww

動画ありがとうございます!

確かに仕事に追われて時間がないと、音質云々手間を優先してしまいますね(^-^;)

不眠不休でギターに向き合っているmoaさんさすがです(◎-◎)